バーベキュー

2009年08月29日11:53

バーベキューが好きです。

外で肉を焼いて食べるという、まことに単純な作業なのですが、なぜあんなにもウキウキとしてしまうのでしょう。

・・ところが最近、バーベキューを行う回数が減ってしまいました。

理由は簡単。バーベキュー日和はイコール、自転車日和でもあるのですね。なので最近はついつい自転車を優先してしまいます。

そんなわけでバーベキュー回数が減ってしまいましたが、先日久々にバーベキューを開催いたしました。

毎回、色々なものを焼いてみるのですが、今回もヒットメニューが誕生いたしました。

「マグロの大葉巻き」です。

アルミホイルの上に、大葉を敷いて、しょうゆを少々。
そこにマグロのお造りをのせて、表面をサッと焼きます。・・赤身の部分が中心に残っているくらい・・あとは大葉で巻いて食べるだけ。

このメニュー、人気がありまして、一瞬で食べつくされました。

我が家では大葉を植えているので、毎日大量の大葉が食卓に並び、ちょっと辟易していたのですが、久々にすごくおいしく大葉を食べることができました。

「お造りに火を通す」というとちょっと贅沢な気もしますが、一度お試しあれ。

ロードバイク

2009年08月17日22:53

自転車の話です。

僕が今乗っている自転車は、20年ほど前のマウンテンバイクです。
サスペンションなんてついていない「シマノ」の自転車です。
先輩が「いらなくなった」と言ったので、喜び勇んで貰いうけて、様々なパーツを分解洗浄して現在乗ってます。

ちなみに、今はシマノは自転車のパーツは作っていますが、自転車本体は作っていません。

ホイールを交換してみたり、タイヤをスリックタイヤにしてみたり、前輪のカンチブレーキをVブレーキに交換したり。いろいろと手を入れて遊んでおります。

が、しかし。
僕の自転車の乗り方を考えると、・・・っていうか、乗り方云々ではなくて、やはり、ロードバイクが欲しいわけです。
ロードバイクとは、あのハンドルの形が「競輪」みたいなやつです。

競輪の自転車とは全然違うのですが、まあ、その辺は横に置いといて・・。


もらった自転車で、いかにお金をかけずに、楽しむか!!を実践してましたが、もう限界です。
ロードバイクが欲しくてたまりません。

ロードバイク(・・・というか、もう一台自転車を・・)を購入したときのことを考えて、実は昨年、物置を買いました。

8万円ほどの物置を買ったのですが、その話を友人にすると、「なぜ、その物置代を自転車の購入代金にしないのだ!」と怒られます。
が、我が家では、収納場所を考えずに「モノ」を買うのはご法度なので、仕方ありません。

・・・で、このロードバイク。実は乗ったことが無いわけですよ。
だから、どんなに素晴らしい乗り物なのかが、実感としてはわからないのですね。

で、本日、初めてロードバイクに乗りました。

場所は奈良の学園前にあります、「トレック」という自転車メーカーのお店です。

トレックがどんなメーカーなのかは、自転車好きには言わずもがななので書きませんが、とにかく、お店の方が非常に親切で、見た目は全部一緒に見えるロードバイクの値段の違いを、かなり解かりやすく教えていただきました。

そのうえ、すごく気さくに、店の前に停めてあったその店員さんのロードに乗せてもらいました。

「僕の自転車ですけど、乗ってみますかぁ〜」っていう軽い感じで。

残念ながら僕はサンダルにジーパンでそのお店に行ったので、ちょっと乗らせてもらうっていう感じだったのですが、
お店の店員さんが2人体制の日ならば、もう少し長い距離を店員さんと試乗できるということを言っていただいて、次は是非挑戦したいです。


そして今、カタログを眺めながら、最終的に、2種類まで絞込み、どちらを買うのかで悩んでます。
どちらかに決まっても、今は買えないと思いますが・・・。
でも、貯金おろして買おうかなあ・・・。どうしようかなあ・・・。
結局悩んでるのは、14万5千円の自転車と、18万の自転車のどっちか。

過去の経験から、こういう場合は断然18万を選んだほうがよいのはわかってるのですが・・・。

悩みます!!!

パソコンが…

2009年08月15日11:36

パソコンの調子が悪くなりました。電源が入らなくなり、奇跡的に起動しても、5分くらいで勝手に電源が落ちます…。
まあ、嘆いてばかりはいられないので、そういうパソコンの症状を携帯電話のネットで調べてみました。
どの部品が壊れたとかあの部品のせいだとか、イロイロ書いてありますが、あまりパソコンに詳しくない僕にはさっぱりわかりません。…職場のシステム担当の人に相談しようかなあ〜と思い始めたときに、とあるサイトで気になる言葉…否、理解できる単語を見つけました。

「埃」です。

うーん、これなら今すぐに対処できるなあと思いながら、デスクトップの本体の蓋を開けて、掃除機で中の埃を吸い込みました。
すると、アラ不思議!見事復旧したのです。

簡単に復旧して、ホッと胸をなでおろしつつ、お盆の本日もこれから仕事のぐっちゃんでした〜。

焼にんにく

2009年08月09日13:43

Image124.jpg妻籠宿に行くには、中央道の中津川というICで高速道路を降りるのですが、その中津川ICの少し名古屋寄りのところに、僕が必ず立ち寄るサービスエリアがあります。恵那SA。何故立ち寄るのか。それは「焼にんにく」を買うためです。
…まあこのサービスエリア限定の商品ではないと思うのですが、他で見かけないので、必ず立ち寄って買うようにしています。

瓶のラベルには「薬膳」とか「酒の友」なんていう文字も見えて、もうそれだけでテンションが上がりますね。
瓶に「薬膳」って書いてある、この「焼にんにく」は以前は妻籠宿の隣の宿場町の「馬籠宿」で売っていたのですが、ある年から突然見なくなりまして、かなりがっかりだったのですが、そのがっかり気分の帰り道で立ち寄った恵那SAにて、再会を果たし、以後現在に到ります。

一瓶、税込み525円。オススメの一品でございます。
この瓶のタイプの焼にんにく以外にも、違うメーカーが出している袋入りのタイプの焼にんにくは、恵那SAじゃなくてもたまに売っているのを見かけます。が、買ったことないので、どっちがおいしいのかはわかりません。でも断然、「薬膳」「酒の友」と書かれた瓶から食べる焼にんにくのほうがおいしいと、僕は信じます。

自動でんわ

2009年08月03日20:13

jidou_00.jpg長野県南木曽町の妻籠宿という宿場町。この地と縁があって、僕は毎年ここを訪れます。理由の一つは、地元に行きつけの宿があるからです。・・・厳密には僕の行きつけではなく、僕の母が40年ほど前から行っているお宿なので、僕も自然と行きつけになりました。もう一つの理由は、毎年11月23日に、この宿場町にて「文化文政風俗絵巻之行列」というお祭りがあり、4年ほど前から毎年そのお祭りに参加しております。江戸時代の旅人の装束に身を包んで、妻籠宿内を練り歩きます。このお祭りの楽しさはまた別の機会に書くといたしまして。

今回はこの妻籠宿のちょうど中ほどあたり、観光協会の建物があるのですが、その前に設置されている電話です。

「自動でんわ」です。

何が自動なのだろう・・などと、想像をかきたてられるネーミングです。

種明かしをすると、これは公衆電話のことのようです。手元にあります「広辞苑 第二版補訂版」(30年ほど前の広辞苑です)によりますと、「自動電話・・公衆電話の旧称」ということです。
江戸時代の街並みだけではなく、このようないわゆる「昭和レトロ」な公衆電話も今に残っている「妻籠宿」

素敵です。