新十津川物語

2010年05月29日10:45

今年亡くなられた、児童文学者の川村たかしさんの代表作、新十津川物語を読んでます。

テレビのチャンネル

2010年05月02日10:46

Image323.jpgテレビの話です。

我が家のテレビはいまだにアナログです。そろそろ、新しいテレビの購入を考えたいのですが、なかなか実現しておりません。

2010年7月24日。この日、アナログ放送が終了するということで、正直なところ、「アナログ放送の終わる瞬間」を見てみたい気もしております。

ところで、僕の乗っているY30型グロリア(昭和59年式)には、「テレビのチャンネル」が搭載されております。

現在では、カーナビなどで、クルマにテレビがついているのは珍しくなくなりましたが、当時は、「液晶画面」などという薄い画面は無く、テレビといえばブラウン管でしたね。

なので、テレビを載せているクルマというと、バスかトラックというイメージがありました。

当時のグロリアのカタログには、「せめて音だけでも・・・」というコメントと共に、このテレビのチャンネル(いわゆるテレビチューナー)が紹介されてました。


ちょっと自慢ですが、このテレビチューナー、当時のグロリアやセドリックの全車種についていたわけではありません。上位のグレードにしか搭載されてないのですよ。

以前、愛知県岡崎市で開催されました「第1回セドグロミーティング」(セドグロミーティングって何だ!? って感じですが、古いセドリックとグロリアが一同に集まった会です)に参加しましたときも、

「これがテレビチューナーですね!! 現物を初めて見ました!」なんて言われまして、気分がよかったです。

さてさて、このテレビチューナー。現在ももちろん元気に「テレビの音声」を受信してくれております。

現在ではほぼ皆無となりました「ガチャガチャ」と回すチャンネルの手触りを楽しんでおりますが、しかし。

アナログ放送終了までのあと1年ちょっとで、このテレビチューナーもその役目を終えます。

時代の流れとはいえ、悲しいものです。