中国家庭料理 マリーン

2009年12月27日19:24

今回は、お店の紹介ではありません。もう今は無いお店の思い出を記してみたいと思います。


奈良県の西名阪の天理インターチェンジのところにあったお店です。今は跡形も無く、ガソリンスタンドになってしまっております。その名も「中国家庭料理 マリーン」

確か、「地中海料理 マリーン」っていう雰囲気のお店を、中国人のおっちゃんとおばちゃんが居抜きで、特別お店の改造をせずに営業されておったと記憶しております。


このお店は何と言葉に表してよいのかわかりませんが、とにかくものすごく「居心地のよい店」でした。

奥に座敷なんかもあって、そこを陣取ってしまうと、くつろいでしまって、なかなか帰れませんでした。
お店のおばちゃんも、特に何も言わず、それどころか、さんざんダラダラした後に「もう帰るわ〜、お勘定お願いします〜」って言うと、「アラ、モウカエルカ?」なんて、カタコトの日本語で、まるで親戚のおばさんみたいなことを言うてくれはりました。

夏場、夕方6時頃にお店を訪れると、我々が最初のお客さんだった場合など、そこからエアコンを入れ始めてくれはるという、何とも懐かしい雰囲気。昔は、そんな店多かったように思うのですが。いかがでしょう?


「中国家庭料理」と言うのも、まさに「その通り!!」っていう感じ。

「中華料理は味も濃くて、毎日は食べられない」なんていう、僕の勝手な思い込みは、ここで食事したときに一気に吹き飛びました。何とも、食べやすい、濃すぎず、さりとて薄すぎず、ちょうどよい味でした。

全体的に、飛びぬけて「コレがおいしい!」っていう料理があった記憶はあまり無いのですが、僕は「もやし炒め」が好きでした。そういうところも、まさに「家庭料理」な雰囲気。


ああ、そういえば、食事してたら、どこからか作業着のおっちゃんがお店にふらぁ〜って入ってきて、ジョッキに勝手に生ビール注いで、勝手に飲んで、そのまま出て行くという状況を目撃したこともありました。何といいましょうか、そういうシチュエーションがすごく似合うお店でした。違和感が無いのですよね。

お店がつぶれた理由は、色々とウワサは聞きましたが、僕は真相は知りません。


「居心地のよいカフェ」とか「くつろげるバー」とか「隠れ家的なお店」とか色々ありますが、そのどれもが、あのときの「マリーン」には勝てないのではないか。ちょっとおおげさですが、今では僕はそう思っております。

僕にとっては「伝説の店」ですね。

ブーツの話

2009年12月23日15:43

Image226.jpg22〜23歳頃から、僕は春夏秋冬、ブーツを愛用しております。
・・「こだわり」ではなくて、単純にTPOに合わせていろいろと靴を選ぶのが面倒くさいからです。

ただ、履いているブーツの色に関しては、少々こだわりがあります。

と言いますのも、買ってきたブーツをそのまま履くのではなくて、着色するのです。

まずはライトブラウン系の色のブーツを買います。
次に、黒色の靴墨でブーツを磨き倒します。

本当に地味な作業ですが、とにかく「茶色い靴を黒色に染める」くらいの勢いで、黒の靴墨で磨きます。

すると、だんだんと絶妙な色合いになってきます。

磨く作業も、一日では決して終わりません。
磨く、履く、磨く、履く・・・を繰り返すことによって、よい色に染まってきます。

例えるならば「木目調」と言いましょうか。
渋い茶色になります。


こんなことをするようになったキッカケは、初めて購入したブーツのライトブラウンの色が明るすぎて、
半ばヤケクソで黒の靴墨で磨いてみたということなのですが、
今では、買ったブーツは必ずこの方法で、「自分好みの色」にしております。

ライトブラウンの色に飽きてきたら、リフォームも兼ねて、一度お試しあれ。

自転車 ローラー台

2009年12月20日11:50

Image225.jpgいやはや、めっきり寒くなってまいりました。
最近、僕のブログはすっかりと「グルメブログ」になりつつありますが、楽しんでいただけてますでしょうか?
いろいろとご紹介したいお店はまだまだありますので、今後もどうぞお楽しみに!!

そして、今回は久々に自転車の話です。

ブログを読んでおられる方から、「最近自転車の話題が無いけど、乗ってへんねんやろぉ〜?」という意見をいただきました。

いえいえ、ちゃんと乗っておりますよ!

・・ただ、確かに、11月、12月は、休みの日が雨だったり、いろいろと忙しかったりで、なかなか乗れない日々が続いておりました。(まあ、雨でも自転車に乗ればいいのですが・・)
そして、自転車に乗れない日が続いてきますと、いわゆる「フラストレーション」がたまってくるわけです。「雨降りの日にガレージの中でロードバイクを眺める」・・なんていう、結構不健康な症状が出てきてしまいます。

そこで! 今日ご紹介するのはコレ。 自転車用のローラー台でございます。

要するに、室内で自転車の練習をするための器具です。思わず買ってしまいました。
普段乗っている自転車をローラー台に取り付けまして、タイヤに一定の負荷をかけてペダルを漕ぐという、考えようによってはなかなかストイックな代物です。

結論から言いますと「買ってよかった!!!」です。

昼間用事があって外出していたときでも、夕方から30分だけローラー台を回せば、気分も爽快です。

「汗をかくって、気持ちいい〜〜」


僕の場合は、普段は自動車の入っているガレージでローラー台を使用しております。
で、ローラー台だけでは飽き足らず、早速、倉庫から使ってない小型の扇風機を引っ張り出してきまして、
その上、ポータブルのDVDプレーヤーも購入しまして、「DVDを観ながら、扇風機の風に当たりながら」自転車を漕いでます。
ガレージの中には、ボロボロですが、一応ミニコンポも設置してますので、アップテンポのハードロックなんかを聴きながら、漕いだりもしております。

まあ、でも、やはりローラー台は、あくまでも練習用ということで、寒い日が続きますが、また走りに行きたいものです。

屋台の餃子 こがね 

2009年12月18日11:58

国道24号線と木津川の交差するところの橋のところに、屋台の餃子屋さんがあります。
どれくらい前から営業されているのでしょう・・。僕が最初に食べたのはもうすでに10年くらい前だと思います。

そして、ここの餃子、実は僕にとっての「ベスト餃子!」なのです。

いろいろなところでいろいろな餃子を食べてきました。
ラーメン屋さん。友だちの家の手づくり餃子。中華料理屋さん。神戸南京町。餃子スタジアム・・・。

しかし、今だに僕の中では、この屋台の餃子を上回るものが出てきません。

それは、「若かった頃に食べたあの餃子の味の記憶・・」とかではなくて、例えば今日の夜、木津川まで行って、
餃子を食べれば、「ああ・・やっぱり、ベスト!!」と再確認できる、現在進行形の「ダントツ1位の餃子」なのです。


昔は今よりも小さな軽自動車のバンで営業されてましたね。
飲み物以外は、ほんまに餃子しかメニューが無かったので、友だちと「隣でごはん売ってもいいですか?」とか「横で僕らはシューマイ売るので、ここを天心街にしましょうよ」とか、軽口を言ったものです。
「こんなところで餃子を売ってて、儲かるのですか?」という、若かりし頃の僕らの不躾な質問に対しても、
「笑いが止まらんわ」という楽しいお返事をいただいたものです。

具体的にどんなメニューがあるのか、どんな味なのか?

もうそんなことはここでは書きません。

とにかく、一度味わっていただきたい。


お店の訪れ方、そして餃子の味わい方としては、
「缶ビール片手に助手席に座り(飲酒しないドライバーと共に)お店を訪れて、その場で餃子をいただく」
というのが最高ですね。

屋台の餃子なので、その場で食べるのが本当においしいと思うのですが、餃子を「持ち帰る」のも、なかなかに捨てがたいと僕は思います。車の中が「食欲をそそる、おいしい香り」で充満するのですよね。
仕事とかで疲れたあと、自宅でビールを飲むために、そのおつまみとして餃子を買って帰る・・。車の中は餃子のにおいでいっぱい・・。くぅー!! 想像しただけでヨダレが出ます。


「24号線の木津川の橋のとこの屋台の餃子屋さん」と聞いて、「あー、知ってるけど食べたことないわー」という方、
本当においしいんですから!! 是非一度ご賞味ください。

古潭老麺(こたんラーメン) 〜生中2杯とぎょうざラーメン〜

2009年12月10日19:09

僕の尊敬するミュージシャンの一人に、「吉崎ひろし」さんという方がおられます。
5弦バンジョープレイヤーで、バンジョーによるオリジナルアルバムも出しておられます。
(オフィシャルサイト→ http://www1.odn.ne.jp/n.b.music/

吉崎さんはラジオ番組もやってはります<ABCラジオ「京子・ひろしのサタデーミュージックドライブ」パーソナリティ
(毎週土曜日13:00〜 On Air中)>
是非皆さんにもお聞きいただきたいのですが、めーっちゃ気さくでよい方なんですよ。その上、演奏もサイコーです。

で、この、吉崎ひろしさんのバンドが、交流会のような形で、とある場所でミニライブを毎月開催しておられます。
知人のクラシックギタリストさんの紹介で、その会に行くようになり、一時期は毎月参加したりしておりました。

そして、その会の毎年恒例の「年末ライブ(忘年会)」にわさびとして参加させていただくことが決まりました。
オープンステージということで、音楽や落語など、普段は観客の立場の者が、この日は演者になれます。
わさびCDの販売促進も兼ねまして・・・というか、わさびのCDの販売を伸ばすためにオープンステージに参加します。

ボーカルのなおままと僕の二人で、アコースティックギター1本で、わさびのサウンドを再現してまいりたいと思います。



さてさて、話はガラっと変わりまして。

大阪難波のなんばウォークのところに「古潭老麺(こたんラーメン)」というラーメン屋さんがあります。

毎月1回、所用で大阪に出るのですが、その際には、必ず寄ってくるラーメン屋さんです。

僕は、ビールが大好きなのですが、よく考えてみると、ラーメン屋さんでビールを飲む機会というのが、
実はあんまりないのです。
・・・というのも、「休日ではないお昼時」であったり、「クルマで移動しているとき」にラーメン屋さんに行くことが多いのですよね。

ところが、この「古潭老麺」に行くときは、@概ね仕事のあとでノドが乾いている A夕方6時半頃に行くので空腹
Bこのあとの用事はビール飲んでても大丈夫 C電車で行ってる・・と、三拍子も四拍子も揃っておりますので、いつもビールとラーメンをいただきます。

その注文の仕方も、毎回決まってます。
まずは、ビールとラーメンを注文。そして、ビール飲む。ラーメンが到着する・・その頃には1杯目のビールを飲み干してるので、
ラーメン到着と同時に2杯目のビールの注文。おもむろにラーメンを食べつつ、ビールも味わう。

・・・想像しただけでも、しあわせな雰囲気です。


最初は、なんとなく難波駅での乗り換えに便利なので立ち寄ったこのラーメン屋さんですが、なかなかおいしくて、
遂にはクセになってしまいました。

味は、しょうゆ、みそ、しお ですが、僕の個人的な好みで注文は毎回「しょうゆ」です。
それも「ぎょうざラーメン」をよく注文しております。

最初は、ぎょうざをサッととって、素のぎょうざの味を楽しみ、少ししたら、汁のしみこんだぎょうざを楽しみ、
あとは薬味(ニラでできた、ラーメンに入れる薬味)を添えてぎょうざを楽しみます。

この薬味がまたおいしくてですね、チャーシューなんかで巻いて食べたりするのも僕は好きです。

先日食べたところですが、また食べたくなってきました・・・。

ペリーのいくら丼

2009年12月04日10:40

わさびのレコ発ライブも無事に終わり、「ラジオ番組〜JohnnyのハピSTAR★MUSIC〜」でも、わさびの楽曲を流していただいております。神戸中心のFM放送ですが、「アイビーミュージック」さんのHPから、ラジオ番組の試聴もできますので、是非皆さんチェックしてみてください。

さてさて、大阪に「ぺりーのいくら丼」というとても素敵な屋号のお店があります。安くて、とってもおいしい「いくら丼」が食べられるということで、僕、これまでに3回ほどお店を訪れております。

・・が、3回とも閉まってました。

昔から僕とよく遊んでいる友達の間では有名な話なのですが、僕と飲食店に行くと、そのお店がかなりの確率で「休業している」のです。

もちろん、事前の調査不足で「定休日」に訪れてしまうこともありますが、(・・でもだいたい定休日は1週間に1日程度ですよね・・)それにしても、「ちょっとこれは閉まり過ぎやろ・・・」っていうくらい、閉まってます。

和歌山にラーメンを食べに行ったとき(事前に定休日調べてました)も、「お盆休みの振り替え」で臨時休業でした。
奈良の富雄のラーメン屋さんも、わざわざ上司のおすすめで一緒に行ったのに、「店主の体調不良」でお休みでした。
奈良の某鳥料理屋さんも、「店主のバイク事故」で臨時のお休みでしたし・・。
奈良のカレーのおいしい喫茶店「かふぇたまき」に初めて訪れた際も、店は開いているのに、「午後から法事に行く」という理由でお目当てのカレーが食べられないという、トリッキーな現象も引き起こしました。

・・・数え上げればキリがない。

そして今回の「ペリーのいくら丼」

最初に行ったときは、まあ、事前調査もしていなかったので、閉まってましても、特に驚きもありません。
僕くらいの「休業ハンター」になると、慣れたものです。

が、それが2回、3回と続くとさすがにちょっと、悲しくなってきます。

そして昨日、4回目のアタックをかけましたが、見事に閉まってました。

・・なんというか、お店に続くビルの廊下が真っ暗で、その時点でほぼ「今日も休みだ・・」と感じましたが、万が一に望みを託し、お店の扉に手をかけましたが、まったく動きません。

・・まあ、確かに「不定休」って店の前に書いてますが、それにしてもねえ。

ペリーのいくら丼に来店されたことのある方の情報をお待ちしております。

何曜日の何時頃行かれましたか???
(ちなみに僕は昨日(木曜日)の12:45頃に訪れました)

事前に電話してからお店に行くのは必須なのでしょうか????

「縁がない」って、こういうことですね。

僕にとっては幻の味。「ペリーのいくら丼」
期待度だけがどんどん上がってしまっているので、実際に食べるのがすでに怖くなってしまってます。

幻は、幻のままで終わらせたほうがよいのでしょうか・・。
それとも、5回目のアタックをかけるべきか・・・。

悩むところです。

1日2回サイゼリヤ

2009年11月29日19:21

タイトルだけ見ますと「サイゼリヤに行こう!」っていうキャンペーンにも見えますが、そういうわけではありません。

昨日、無事に大阪RUIDOでのライブを終えてきました。

朝9時過ぎに出発。12時半ころからリハを30分程度。そして、本番の演奏が始まるのが夜の7:20!!

まあ、概ね、どのライブもそんなものだと思うので、別段驚くほどのことはないのですが、ただ、やはり、リハが終わってから本番までの時間が長〜〜いというのは、リアルにしんどいもんです。

今回、わさびのメンバーは、リハの後、大阪RUIDOの横の「シェーキーズ」にてピザやパスタを食べ、その後は東急ハンズやアメ村にてショッピングを楽しみました。

しかし、やはりアメ村という町は、我々ミドルエイジには、あまり楽しめない町です。そこで、ショッピングもそこそこにアメ村のサイゼリヤにて休憩しました。
(あ・・、ベースの陽爺とドラムの兄貴はアメ村の「ディスクヘブン」っていうレコード屋さんで楽しそうでしたが・・。)

そして、ライブ本番を無事に終えて、「じゃあメシでも食いに行こうか〜」となりまして・・・、結局、「大阪RUIDO」の隣りの「シェーキーズ」のそのまた隣りの「サイゼリヤ」にて晩ごはんをいただきました。

行ったお店だけ見てると、なんか大学生みたいですね。「とりあえずサイゼリヤのドリンクバーいこか〜」みたいな・・・。
「どんだけピザとパスタが好きやねん」っていうツッコミも聞こえてきそう。

それにしてもサイゼリヤ。値段も安いですし、その割にはおいしいと思いますし、よいお店です。グラスワイン1杯100円なんて、本当にスゴイと思います。「ムール貝のガーリック焼き」とか「エスカルゴのオーブン焼き」なども、呑み助にはたまりません。

・・・そういえば、昨年、奈良のビバリーヒルズに出演した際も、本番前のメシは、近鉄奈良駅ビル内のサイゼリヤでしたなあ・・。

サイゼリヤ。わさび御用達でございます。

近鉄奈良駅近くのラーメン屋さん 「東風」

2009年11月20日11:27

 僕が働く職場の同僚の二十代の女の子で、「しょうゆラーメン」が嫌いな子がいます。その女の子曰く、「しょうゆラーメンのような、簡単な食べ物にお金を払うのはもったいない」とのこと。かなり乱暴な意見だとは思いますが、ラーメンの味の好き嫌いは、それぞれによってかなり違ってくると思います。
あっさりとしたスープが好みの方もおれば、こってり、ドロドロのスープに目がない方もおられることでしょう・・。また、その日の体調によっても、食べたくなる味は変わってくると思います。

 前置きが長くなりましたが、要するに「味の好みは人それぞれ・・」ということで、今回は僕好みのラーメン屋さんのご紹介です。

 奈良の小西さくら通り商店街の近鉄奈良駅にほど近いところにあります「東風」が、今回のお店です。以前、奈良駅周辺で仕事しておったときは、結構頻繁に訪れておりました。

 店構えも普通ですし、「観光都市奈良」の駅前にあるということもあって、観光客の方もよく入ってこられます。ということで、どのメニューも安心して注文することができます。(つまり、めっーちゃ濃い!!とか、めっ〜〜ちゃ辛い!!というメニューはないという意味)奥に長〜い店内は、奥に厨房、手前にレジがあり、店員さんは移動が大変そうです。また、中庭もありまして、愛煙家の方はそこで一服することもできるようです。

 ラーメンの味は、塩、味噌、豚骨、しょうゆ、と、なんでもあり、それぞれによい味ですが、僕が大好きなラーメンは、スバリ!!しょうゆをベースにしております「唐揚げラーメン」です。

 ラーメンに唐揚げを入れただけ・・なのか、唐揚げラーメン用のお店側の工夫が随所に凝らされているのか、その辺りのことは全然知りませんが・・。とにかく、お気に入りの一品です。

 大振りの唐揚げが、どーんと入っておりまして、なかなかの風貌です。
そして、ラーメンのスープにどんどん唐揚げの油が浮いてきます。が、もともとのスープが比較的あっさりとしているせいか、あまりしつこくはなりません。むしろ、おいしそうなラーメンを目の前にすることによって自分の中で急上昇する「食欲」にスープが応えてくれているような気になります。
 また、それと同時に、唐揚げ自身がラーメンのスープを吸い込みはじめます。おいしい唐揚げは非常に「ジューシー」だと思うのですが、スープを吸い込んだこの唐揚げのジューシーさは、また別格の味です。
 最初の一口目の唐揚げは特にアツアツなので口内の火傷には注意が必要です!!
 卓上のコショウも、ペッパーミルから入れるちゃんとしたもので、唐揚げにもよく合います。ちなみに僕は、このコショウは最初からかけずに、味の変化を楽しむためにも途中でかけるようにしております。

 「東風」にはほかにも、「ピリカララーメン」や「五目ラーメン」、チャーハンやサラダと唐揚げや小海老の天ぷらなどがつくセットメニューなんかもアリ、こちらはなかなか豪華な感じ。

 比較的あっさり系のラーメンがお好きな方、是非是非一度ご賞味ください。派手な味ではありませんが、何度も足を運びたくなる味だと思います。

鶏料理 鳥喜久

2009年11月13日23:12

さてさて、わさびのライブも近づいてまいりました!

・・・ということで、ミーティングを兼ねまして、鶏料理を食べてきました。同行したのは、「わさびで鶏といえば!!!」
サックスの父さんです。

今回お邪魔したのは奈良県平群町にあります「鳥喜久」さんです。

いやいや、またまた見つけてしまいました!! ウマイ店!!!

いろいろと鳥屋さんに行きましたが、その中でもトップクラスのように僕は感じました。

いつも友人と、「アツイ店」を探しておるのですが、今回のお店はそういう意味では店構えもお店の方も普通です。
・・まあ、「鳥研」というスゴイ店と比べますと、どの店も普通に見えてしまいますが・・。

今回いただいたのは、鳥の刺身盛り合わせ、鳥のモモの炙り刺身、ねぎま、つくねの串、モモ肉の焼いたの、鶏そば です。・・・本当はもっともっとメニューが豊富で、もっともっと食べたかったのですが、いかんせん、二人で行くとあまりたくさん食べることができず、非常に残念でした。。

とりあえず、刺身を食べた時点で、食べたことのない食感が僕達を包みました。

サックスの父さんもかなりの「鶏食い」なのですが、二人共このお刺身に驚きました。

何とも言えない「やわらかな食感」に本当に驚きました。

「つくね」もえらいおいしかったです。タレの味ももちろんですが、つくね自身の味がおいしい。

今回はカウンターに座ったのですが、このカウンターの我々の前には、お寿司屋さんにあるような、ショーケースみたいな冷蔵庫が置いてありまして、中には「生の鶏肉」が入ってます。で、この鶏肉、今回は「宮崎」「紀州」「大和」「比内」と4種類入っておりまして、そこから選んで「焼き方のタイプ」を選んで、焼いていただきます。ちなみに今回は「紀州」にしました。もちろん、おいしいのですよ、これがまた・・ああ、なんとも幸せ。

サックスの父さんと一応はミーティングと言いますか、普通に話をするのですが、料理が出てくるたびにその話が中断するのですよ。鶏を口に入れるたびに「旨!」(ウマッ!って発音します)って言うて。
そして、しばし無言になり(旨さを存分に感じているわけです)、思い出したように「あれ、何の話してたっけ・・?」ってなります。

そしてそして、今回は、最後に「鶏そば」をいただきました。・・ただでさえお腹いっぱいなのに、ちゃんと一人前をしっかりと食べてしまいました。(鶏蕎麦ではなく、鶏の入った中華そばです)

鶏そばの感想は・・・・「パーーーーーフェクト!!!」です。

スープ、麺の雰囲気、具の鶏肉の味、味たまご・・・すっごいです。最高!! 文句なし!!! 

繰り返しますが、鶏そばを注文する時点で僕はもう満腹でした。でも、注文してしまいました。メニューには「鶏そば(半麺)」というのもあったのですが、僕の脳みそはおいしい鶏肉でおかしくなっていたのでしょう・・・。
通常ならば「ギブアップ」な雰囲気ですが、この鶏そばがそれを許してくれません。

「スルスルスル〜〜」って体に入っていきます。
満腹にも関わらず「スルスル」と体に入る麺料理は本物だと思います。

中の具の「焼いた鶏肉」のあの味はどういう風な味つけなんだろうかぁ・・。あれはご飯に載せても絶対においしいやろなあ・・。スープの味もすごかったなあ・・・。味たまごもめっちゃいい味しててびっくりやったなあ・・。

なにやら鶏そばの話ばっかりになってきましたが、忘れないでいただきたいのは、この鶏そばが無くても、このお店の鶏料理は素晴らしいということ。鶏好きならば絶対に満足いただけることでしょう!!

近鉄生駒線の竜田川駅が最寄駅。「プリズムへぐり」の近所です。「鳥喜久」の赤いネオンが美しく闇夜に浮かんでいますので、すぐに場所はわかると思います。

メニューが豊富なので、気になりつつも今回は食べられなかったものもたーっくさんあります。「焼き方のタイプ」っていうのも4タイプあり、また「揚げ方のタイプ」も4タイプあったりで、これだけでも8回は行かないと制覇できません。・・ああ、地鶏の種類が4種類あったから、単純計算で32回お店を訪れないと制覇できない・・・。各地鶏の串もかなり気になりながらも、今回は断念しました。

また行くぞ!!!!

おすすめです。

ホルモン焼き 徳康

2009年11月06日22:04

DVC00057.jpgホルモン焼きはお好きですか?

正直なところ、僕はモツ鍋とかが苦手で、ホルモン焼きもそんなに好きではありません。

・・・否、ありませんでした。昨晩、「徳康」に行くまでは・・・。

昨晩行ってきました「徳康」というお店の話です。

今日、改めて最寄駅などを調べますと、帯解駅ということになってますが、電車では結構行きにくそうで、普通に考えると車で行くことになるのでしょうね。

いま、この文章を書きながら、昨晩食べたホルモンの数々を思い浮かべているのですが、ことごとくウマかったです。

お店の雰囲気は、完全に「昭和」です。演歌が流れ、間違っても「お洒落な」という形容詞は使えない感じです。
店内には特にメニューがなく、正直なところどのように注文してよいのかも分からず、その上、決して愛想がよいとは言えない、体格のよいマスター(誤解を恐れずに言うと、最近のゴッツイ感じの清原さんみたい)の雰囲気もそこに上乗せされて、テーブルに座ったものの、完全に店に呑まれてしまった状態です。

「ビールは自分で取ってやぁ〜」という声の先には水を張った冷蔵庫があり、「350円」の文字が。・・瓶ビールをセルフで飲みます。

で、特別に注文のやり取りのない状態で、「ダイコンキムチ」(大根の甘みとマッチしてほんまにおいしい)が出てきました。
この辺りで、おもむろにマスターが「おまかせで出していくから、それでええやろ?」という旨のセリフを語られました。
「3人でビールも飲んで、まあ1万円くらいでいけるようにするから」とのこと。
無論、こちらもそのほうが助かります。

ここからのメニューは、生レバー、ユッケ、(細かい部位の名前を覚えていないので、誤解を招かないためにも詳しくは書きません)などなどが、素晴らしいタイミングでテーブルに並びます。

そして、もう書かなくてもよいような気もしますが、そのどれもが「ウマイ!!!」のです。

「こんなにおいしい○○初めて食べた!!」の連続です。

その間にも、またまた絶妙なタイミングで「キムチ」が出てきます。
(またこのキムチがほんまにおいしい。おかわりをマスターにお願いしました)

そしていよいよ、七輪の登場です。

まずはハラミから。

何度でも言いたい!!  「こんなにおいしいハラミは初めてだぁぁぁ!!!!」

タレで食べるのではなく、わさびをつけていただきます。塩味とこのわさびとの相性が抜群なのです。
決して大食漢ではない僕が、・・それもつい先ほどまでは「僕はホルモンは苦手なんだよねぇ〜」なんて言ってたのに、
次々と平らげていってしまいました。

鶏肉も出てきました。ねぎと一緒に焼いて。これがまたうまいわけです。

そしてそして、「タン」の登場です。
厚めに切ってあるのですが、これがまたお〜いしぃ〜〜。
タンって甘いんですね。表面の塩味と中からこぼれおちてくる「甘み」。

お店の屋号が「土佐備長炭 徳康」なので、使っておられる炭はまさに「土佐備長炭」です。
この炭を使っていると、灰が飛ばないということをマスターから教えていただきました。


土佐備長炭。これがまた美しいのですよ。僕なんかが、普段バーベキューで使う炭とは全然違います。
・・別に僕は炭フェチではありませんが、網の上の肉を食べ尽くし、次のメニューが運ばれてくるまでのしばしの時間、
我々3人は備長炭に魅せられました。あえて表現するならばその炭の色は「ひっそりと、でも圧倒的な存在感で美しく光る朱色」でしょうか。
思わず手で触れたくなるほどの美しさです。

そうこうするうちに最後のお肉が運ばれ、(最後はタレ味のお肉)もちろん瞬く間に食べてしまい、
最後にテールスープの登場です。

完全にノックアウトです。

「愛想のよくないマスター」っていう印象は、今やもう完全にありません。
八方美人的なニコニコの笑顔はありませんが、メニューを順番に出していただく間に、

マスターの「心くばり」を存分に味わうことができました。

もうすっかり、マスターとマスターが出すホルモンに首ったけですわ。

絶対にまた行きます!


・・・ちなみに、ウェブで「徳康」を調べると、その「周辺の店」ということで、以前にここで紹介しました、
「鳥研」も出てきます。

奈良県民として一言。

恐るべし、帯解!!!

そして「徳康」さん。 近々また行きます!!!
おいしいホルモン!!! よろしくお願いします!!!!!

わさびライブ

2009年11月03日09:21

11/28のわさびライブ、楽しみです。なんだかんだで、1年ぶりのライブです。

ライブといえば、わさびメンバーが毎度毎度、頭を悩ますのが「衣装」です。

ある程度はメンバー同士で、衣装を合わせようとするのですが、なかなかうまくいきません。・・でも、それは仕方のないことで、わさびってそれぞれの音楽のバックグラウンドが違うので、それが衣装にも出てしまいます。

さてさて、次のライブではどんな衣装で出演するのやら。

どうぞお楽しみにお待ちください。

マイブーム

2009年10月16日14:23

monjyo.jpgマイブームと言うと、またまた自転車の話だろ?

なんて言われそうですが、自転車はもうマイブームの粋を脱してしまい、完全な趣味になってしまいました。

で、僕の今のマイブームは、ずばり「古文書」です。

まだハマッてから3週間ほどなので、序の口の序にも到達しておりませんが、通勤電車の中で、古文書の書かれた入門書を読んでおります。

今はひらがなのくずし字を読み重ねておりますが、えらいもので、ちょっとずつ読めてくるものですね。・・ちなみに今読んでいる入門書は「おもしろ古文書館1 江戸のかな」(樋口政則著 名著出版発行)という本です。

ちょっとずつ読めてきますと、ふと町でみかける「くずし字」が目に入るようになります。今までは本当にな〜〜〜〜んにも意識していなかった看板が、急に「文字が書かれた看板」として認識できてしまうわけです。これは結構な感動でした。

ただ、この古文書というやつは、どうも終わりがないような気がします。どれくらいのレベルになれば「俺、古文書が読めるんだぁ〜」って人に言うていいのでしょうね。

まあ、とにかく奥が深そうですが、がんばってみたいと思います。

わさびのボーカルの「おかん」が「歴女」であることをブログに書いております。僕はそこまでの歴史好きではないのですが、近世には結構興味があり、その辺の勉強もしてみたいですなあ。

マイブームという一過性のもので終わるのか、今後のライフワークになるのか・・。お楽しみに。

グーグルのバーコード

2009年10月12日10:35

先日、10月7日にグーグルを利用された方はご存知だと思いますが、「グーグル」の文字がバーコードになっていました。

某図書館にて仕事をしております私は、業務で日常的にグーグルなどの検索エンジンを使用しております。

で、この日、グーグルを開けますと、ロゴのところがバーコードになっております。

うちの図書館では、所蔵しております図書や雑誌にもバーコードが貼ってありますし、利用者カードと呼んでおります貸し出し用のカードにもバーコードが印刷されております。

・・手元にバーコードリーダーがある。
・・グーグルのロゴがバーコードになっている。

結構ワクワクしながら、パソコン画面上のバーコードを読み込みましたよ!!
まあ、予想通りに「Google」と読み込んだのですが、なんとなく改めてバーコードってスゴイなあって思いました。

手元にバーコードリーダーがあって、グーグルの画面を見るという状況の中で仕事をする職種というのがどれくらいあるでしょうかね?

他の図書館やその他の職場でも、ちょっとワクワクしながら、パソコンの画面にバーコードリーダーを近づけてみた方が何人いるのかと想像すると、ちょっと嬉しくなってしまいます。

初ロードバイク!!

2009年10月05日12:08

IMGP8542web.jpg先日購入しましたロードバイクを、本日乗り初めしてまいりました。

結論から言います、感動です!!
念願のロードバイク! 最高でした。

朝から、忙しそうにしている家族(母親です)にデジカメを手渡して、まずは家の前で撮影会です。
かなりのウカレようですが、仕方ありません。

そしておもむろに乗り始めました。
ドロップハンドルの自転車にちゃんと乗るのは今回が初めてで、最初は結構恐くて、「果たしてこの自転車に僕は慣れることができるのか??」っていうくらいでしたが、30分程走る頃には、問題なく乗れるようになりました。

本日は午後からは雨かも・・ということだったので、2時間ほど(45キロ)走るにとどまりましたが、自転車道の直線を走ってるときの雰囲気はマウンテンバイクとは違い、どこまでもどこまでも行けそうな、不思議な感覚を覚えました。マウンテンバイクでも良く似た感覚はありましたが、ロードバイクはその感覚がより強かったですね。

これからが秋本番! そして冬に向けて、自転車にはよい季節です。

以前から乗っているマウンテンバイクにも乗りますよ!B級グルメを堪能しながら、友人達と気軽に走るには、マウンテンバイクのほうが気を使わずに走れそうなので、これからは、しっかりと自転車を使い分けて走りたいと思います。

・・ちなみに、僕の自転車友達でバレーボールが大好きな同い年の友達がいます。彼はマウンテンバイクと、折りたたみ式のロードバイクに乗っているのですが、最近「ロードバイク欲しい熱」が発症しておるようで、この場を借りて、その彼に一足先にロードを買ったことを存分に自慢したいと思います。

ロードバイクはいいよぉ〜〜〜。

もうねぇ〜、すごぉ〜〜く美しいよぉぉぉ〜〜〜。

今度一緒に走ったら、君のこと置いて先に行っちゃいそうだねぇ〜〜。

がんばって追いついて来てねぇ〜〜〜。

・・このくらいにしときましょうか。これ以上やると、あとで殴られそう。

ロードバイク

2009年09月27日21:18

Image1491.jpgついに買いました。
ロードバイク!!!!

「財布」「こだわり」、との協議の結果、トレックの2.1を購入しました。
美しい…。

I LOVE YOU

2009年09月25日23:24

職場の近所に中学校がありまして、夕方6時ちょっと前頃に帰るときは、その中学校の横を通過して最寄駅まで帰ります。

で、その中学校で、その夕方6:00頃に流れる音楽があります。

「校内に残っている生徒へ〜。用事のない者は早く帰りなさ〜い」
という意図でその音楽を流してはると思うのですが・・。

曲は、尾崎豊さんの「I LOVE YOU」(ストリングス系のインスト)です。

僕は特別に尾崎豊さんが好きなわけではないですが、でも、
カラオケではめっちゃ唄いますし、レコードとかも持ってます。

若くして亡くなられてしまいましたが、「学校」(大人や先生)に対してあれだけ反抗して、生み出された音楽の中の一つに「I LOVE YOU」があると思います。「17歳の地図」っていうアルバムに入ってまして、そのアルバムを手に入れてから、30歳過ぎるまで、イロイロな状況で聴いてきましたが、やはり、よいアルバムですね。

特別に「尾崎フリーク」ではないのですが、でも、21世紀になりまして、僕も30歳を過ぎて、職場の近所の中学校の下校の音楽で、尾崎の曲(インストですが)が流れるっていうのは、なんか、うれしいようなさみしいような。複雑です。

亡くなられた方に対して、「もしも」っていうのは禁句ですが、でも、もしも今尾崎豊さんが、公立中学校で流れる、インストの「アイラブユー」を聴いたら、何て言うのでしょうね〜。

答えはないのですが、「僕の若いときの曲が中学校で流れるのはうれしいよ・・」っていう肯定的な意見と、「あの頃の僕の曲はやっぱり中学校では流してほしくないなあ・・」っていう否定的な意見と。
「もうどっちでもいいよ・・」っていう、照れた意見と。

どんな意見でもいいから、尾崎豊さんの声を聞いてみたいですね。

尾崎豊さんのメッセージを考えると、学校では流してほしくないなあ〜っていう個人的な気持ち。。
でも、やっぱり、ええ曲やなぁ〜〜。って考えると、今の学生にも知ってもらいたい気持ち。

なんかそんな複雑な気持ちになりながら、中学校の下校の音楽を聴いてます。

やられた!!

2009年09月18日23:12

本日、朝からクルマで走っておりますと、前に普通のトラックがおりました。「普通の」とは書きましたが、テールランプの交換や、ランプの取り付けなど、間違いなく「クルマ」「トラック」の好きな感じのドライバーさんのトラックです。
でも、別に後ろのハコに絵が描いてあったりするような派手なものではないので、興味の無い方には、「ふつーのトラック」です。

で、信号待ちで、本当に何気なくトラックに目をやりましたらば、そこに、

「OSSAN DIESEL」って書いてまして・・。

クルマ好き。特に僕のような日産好きにとってはたまりません。
まさに、「やられた!!」って感じです。

要するに「NISSAN DIESEL」(ニッサン ディーゼル)の変形なわけですね。

NISSAN MOTORSPORTS INTERNATIONAL 略称 「NISMO」なんかも、上記の例に倣うと・・
OSSAN MOTORSPORTS INTERNATIONAL になりまして、モータースポーツの好きなおっさんの会みたいになりますね。
当然「OSMO」ですが・・でも「OSMO」までいくと、やりすぎな感じがします。

やはり「OSSAN DIESEL」

趣のある文字ですね。イロイロと想像力をかきたてられます。

もちろん、運転は「おっさん」でしょうが、その「おっさん」は「軽油」ではなく、「アルコール」を主な燃料としてるでしょうし、
おっさんは、ディーゼルトラックのように、単価の安い燃料で日々がんばっとんねん・・とか
「おっさん」と「ディーゼル」という単語の相性の良さに、本当に脱帽です。


ちょっと前に、「リベロ」っていう、いろいろ問題のあった三菱のクルマがありましたが、
その「リベロ」のロゴを「LIBERO」ではなく、「LIBEROU」(リベロウ・・・理兵衛郎みたいな)
にしてる車の存在を知ったときも、「やられた!!」でした。

ちなみに、今日見た「おっさんディーゼル」は、右端に「男気」っていうステッカーもあったので、
なかなか「楽しそう」なドライバーさんを想像してしまいました。

えびめし

2009年09月17日11:28

DVC00010.jpg岡山県に行ってまいりました。今回の目的は「えびめし」です。

なかなかにおいしいお料理でございました!

刑事ドラマ

2009年09月09日17:50

先日、わさびのサポートメンバーでライブ撮影をお願いしております、峯岸さんから、刑事ドラマの主題歌ばっかり集めたCDをお借りしました。

刑事ドラマ好きにはたまりませんねぇ。

あぶない刑事のオープニング曲!
太陽にほえろのオープニング曲!
西部警察のオープニング曲!
はぐれ刑事のオープニング曲!   などなど

テンションのあがる曲ばかりが並んでいます。

ちなみに、僕の中では、それぞれのオープニング曲が頭の中で流れるシチュエーションというのがあります。

あぶない刑事のオープニングは・・朝、出勤するとき
太陽にほえろのオープニングは・・職場内を走っているとき
西部警察のオープニングは・・断然、クルマを運転しているとき
はぐれ刑事のオープニングは・・下町の住宅街を歩いているとき

・・・でしょうか。

くだらない話で失礼いたしました。。。

峯岸さん、CDありがとうございました。

バーベキュー

2009年08月29日11:53

バーベキューが好きです。

外で肉を焼いて食べるという、まことに単純な作業なのですが、なぜあんなにもウキウキとしてしまうのでしょう。

・・ところが最近、バーベキューを行う回数が減ってしまいました。

理由は簡単。バーベキュー日和はイコール、自転車日和でもあるのですね。なので最近はついつい自転車を優先してしまいます。

そんなわけでバーベキュー回数が減ってしまいましたが、先日久々にバーベキューを開催いたしました。

毎回、色々なものを焼いてみるのですが、今回もヒットメニューが誕生いたしました。

「マグロの大葉巻き」です。

アルミホイルの上に、大葉を敷いて、しょうゆを少々。
そこにマグロのお造りをのせて、表面をサッと焼きます。・・赤身の部分が中心に残っているくらい・・あとは大葉で巻いて食べるだけ。

このメニュー、人気がありまして、一瞬で食べつくされました。

我が家では大葉を植えているので、毎日大量の大葉が食卓に並び、ちょっと辟易していたのですが、久々にすごくおいしく大葉を食べることができました。

「お造りに火を通す」というとちょっと贅沢な気もしますが、一度お試しあれ。